アキレス腱
足のふくらはぎの筋肉とかかとの骨を繋ぐ腱、アキレス腱(tendo Achillis)。踵骨腱という名前もあるが、アキレス腱はこの腱の名前だけでなく強い者が持つ最大の弱点という意味でも使われる言葉。
アキレスというのはギリシャ神話に登場する英雄アキレス(アキレウス)のこと。アキレスの母テティスは生まれたばかりのアキレスを、冥府を流れるステュクス川に浸して不死の体にしようとしたが、テティスが掴んでいた両足首だけは浸かっていなかった。アキレスは後のトロイア戦争で活躍したが、パリス王子にその弱点を矢で射抜かれ命を落としたという話が由来となっている。
実際の話としてアキレス腱は最も大きくて強い腱だから、ここが特に弱いというわけではない。ただし歩くためにはかなり重要な腱であることから、捕虜や囚人の自由を奪うためにアキレス腱を切ることもあったとか。


                戻る