アロンアルファの使い道
なぜ瞬間接着剤がすぐくっつくのか、というのは以前取り上げたが、1971年以来、その優れた性能ゆえに、「瞬間接着剤」の代名詞的存在になっている商品「アロンアルファ」。家庭での使用はもちろんのこと、レジャー、工業用まで幅広く使われている。ところがこのアロンアルファにはもう一つ意外な使い道があるという。
有名なところだと盆栽を修復したり、接ぎ木の接着にも用いられる園芸用として。ギタリストの間では弦を弾く爪が割れないよう保護用として用いられている。そしてもっとも意外なのは「医療用」として使われているということ。血管の仮止め、止血、ギブスの固定、傷口の修復など、ほとんど日常的に役に立っているらしい。
アロンアルファの主成分はシアノアクリレートというガラスの一種。人体には無害で、縫うよりも早くて確実。理想的な素材なのだ。とはいえ、医療用のアロンアルファは市販品のとは違って、不純物が混ざらないよう特に慎重に製造されている。市販品を切り傷に塗っても問題はないはずだけど、やめておいた方が無難かもしれない。


                戻る