カラン
銭湯や温泉に行くと湯水を出すところに「シャワー」と「カラン」という表記がある。正確な意味はわからなくてもシャワーと対比させると直水流の方だろう、というイメージ。では本当は「カラン」とはどういう意味なのか。
最近では外国人観光客にも通じるように絵で表現しているものが多いが、カランとは蛇口のこと。つまり蛇口から直接出る方を指しているわけである。オランダ語で「鶴」を意味する「クラーン(KRAAN)」に由来する。長い管が鶴の首から頭に見える、というわけ。
ちなみに工事現場でおなじみの「クレーン(CRANE)」も元を辿ると鶴を意味する言葉。長い首を持つ蛇口とクレーン車、遠いようで実は近い関係なのである。


                戻る