血液型ゼロ
血液型には色々な分類の仕方がある。Rh式、Lewis式、MN式、Duffy式…など。しかし一番知られているのがA型、B型、AB型、O型に分類するABO式だろう。では何故O型はC型ではないのか、A、Bと来たら次はCになっても良さそうだが…
この分類法を発見したのは1901年、オーストリアの医師カール・ラントシュタイナー。異なるタイプの血液同士による凝集反応を利用したもので、A抗原を持ちB型の血液を凝集する(固める)「抗B抗体」を持つA型、B抗原を持ち「抗A抗体」を持つB型、抗原を持たないC型と分類した。
ところが後にどちらの抗原も持つ血液型が見つかった。これが「AB型」で、それまでC型としていた血液型は両方持っていないことから「ゼロ」の意味を込めてO型と名前を変えたのである。


                戻る