候補者の弱気
日本にはいろいろな選挙があるが、小さいものから大きいものまで、どんなメディアも世論調査をして当落予想を報道する。まるで競馬の予想みたいなものもあるが、有権者にとっては面白くても、候補者にとっては死活問題。候補者が恐れているもの、それは「アナウンス効果」と呼ばれるもの。
マスコミの報道によって生まれた「雰囲気」は、時として扇動的で投票行為を左右することもある。当落線上と書かれた候補者が蓋を開けてみればトップ当選だった、なんてことも良くある。これは「アンダードッグ効果」と呼ばれるもので、不利な状況にあるものに手を差し伸べたくなる人間の心理の表れ。
日本は他の国に比べると、この情に流される投票行為が顕著。代議士などの死亡で妻やその他の親族が身代わり候補になると「弔い選挙」となり、大抵当選する。前回わずかな差で落選した候補が「今回こそは雪辱を!!」と連呼すると、得票率がダントツになったりする。選挙の立候補者が、マスコミにどんなに安全圏と書かれても強気の発言をしないのは、この効果を恐れるため。支持者が「自分一人ぐらいなら…」となっては困るから。


                戻る