クジラの息継ぎ
クジラは哺乳類だから肺呼吸、海面に出て息継ぎをしなければならない。しかし人間なら数分しか持たないところ、クジラは種類によって違うが15分や30分、深く潜るマッコウクジラなら1時間以上潜っていられる。この能力は単純に肺の大きさというわけではない。(←肺が小さいクジラもいる)
まず酸素を溜め込む能力。クジラの筋肉にはミオグロビンという酸素と結びつく物質がある。人間にもあるがクジラの場合は特に多量で、筋肉に大量に酸素を蓄積、筋肉が酸素不足になると酸素を放出する。ミオグロビンは赤い色素だが、特に多く持っているマッコウクジラの身は黒っぽい。
それから呼吸時のガス交換の効率の良さ。人間は一度の呼吸で肺の中の酸素の10〜15%しか取り込み・交換出来ないのに対して、クジラは80〜90%もの酸素を取り込む。これを数回繰り返してから潜れば、しばらく息継ぎをしなくても酸素不足にはならない、というわけである。


                戻る