マジックミラー
一方から見ればただの鏡なのにもう一方からは透けて見えるマジックミラー。警察署の取調室や車の窓、オフィスビルの窓などに使われているが、なぜ一方からしか見えないのか。どんな特殊な技術なのかと思ってしまうが、仕組み自体は至って簡単なもの。
レースのカーテンやすだれ、網戸、窓ガラスの内側から外を見る場合、昼間はよく見えるのに夜は見えにくくなる。外から内側を見る場合はこの逆。つまり明るい方から暗い方を見る場合は、反射してくる光が強すぎて暗い方を見ることが出来ないという原理。マジックミラーはこれを利用したもの。
マジックミラーは、ガラスの裏に半透明に水銀を塗ったもので、明るい方にいる人は光が強く反射して単なる鏡に見え、暗い方にいる人からは丸見えというわけ。したがって、マジックミラーのごく近くに行けば目に入る反射光も減り、うっすらと暗い側を見れるし、取調室を暗くして外を明るくすれば、外にいる人が丸見えになる、ということになる。


                戻る