水出し用
熱いお茶もいいけど、夏はやっぱり冷たいお茶。お湯で作って冷やす方法もあるが水で作れる「水出し用」というのがある。温茶用を水で出しても時間がかかるから、水出し用には工夫がしてある。
水出し用も原料は同じ。これを長めに蒸して(深蒸し)、細かく刻み、ティーバッグに入れると出来上がり。断面を増やすことでお茶の成分が早く出るようにしている。ただし、低温ではカテキンやカフェインが出にくく、甘み成分のテアニンがよく出るので、温茶に比べて渋みが少なく甘みのあるお茶になる。
ところで水出し用で作るとなると、ミネラル分たっぷり、硬度の高い水を使う人が多いが、これはお茶には適さない。ミネラル分の少ない製品水、あるいは一度沸騰させて冷ました水道水でも十分に美味しくなるそうだ。


                戻る