モンゴルの名前
人の名前というのはいろいろな付け方があるが、日本人の場合だと親が子供にこんなふうに育って欲しい、とかいう願いを込めて付けるのが一般的。それは、日本人と近い民族の住むモンゴルでも同じこと。"バートル"、"ボヤン"、"バヤル"という名前だと、それぞれ「英雄」「幸」「喜び」という言葉を意味する…なんて具合に名前の意味を探っていくと、アレ?と思うものに遭遇する。
例えばこんなもの。「ネルグイ(名無し)」「ヘンチビシ(誰でもない)」「エネビシ(これじゃない)」「テレビシ(あれじゃない)」など。ネルグイに関してはその子供が生まれた時に親が不在だとしばしばつけられるのだが、この他にも日本語に直すと「人間ではない」「おまえは何者?」「あいつは何者?」「誰でもかまわない」なんていう、ちょっと考えると「適当なのか?」と思われる名前がいくつかある。しかも、これがたくさんいるのである。
これはモンゴル民の昔からの思想で、幼児が死亡するのは魔物が取り付いたためとされていた。魔物に名前を知られないように、もしやってきても「誰でもないよ」ならば、退散してもらうことができるから。実はこれがモンゴル流の「子供の健康祈願」なのである。その他にも魔物がすぐ退散するような「うんこまみれ」とか「悪魔」「黒い犬」なんてのもある。しかも、これが若者の間でも非常にポピュラーな名前なのだとか。


                戻る