寝ると重い
小さい子供、特に赤ちゃんを抱く時、赤ちゃんが起きている時と寝ている時では重さが違うと言われる。寝ていると急に重くなり疲れる、と。もちろん本当に重くなるわけではなく、抱きにくくなるから。
抱く側は普通、赤ちゃんの重心を自分の重心線に近付けるようにして安定させる。赤ちゃんも無意識に抱く人に寄り添うような姿勢をとる。ところが赤ちゃんが寝ると、手足や首の力が抜けて重心が安定しなくなる。そのため抱く側は調整しながら抱き余計な力を使い、重いと感じるのである。
同じ理由でまだ首の座らない赤ちゃんも重いと感じる。また小さい子供でなく大人でも、寝ていると重心がフラつきバランスを取るのが難しくなるが、もともと重いので「抱きにくい」と感じる程度。


                戻る