ノネナール
おやじ臭いというと"雰囲気"を指すこともあるが、実際のニオイを指すこともある。満員電車の中のニオイや中年男性の着ていた肌着のニオイ…これらは気のせいではなく「加齢臭」というもの。
加齢臭の主たる原因物質がノネナール。40歳を過ぎた頃から皮脂に脂肪酸である「9-ヘキサデセン酸」が増加し始め、抗酸化力が低下しているために酸化され、あるいは皮膚上の常在菌によって分解されてノネナールが発生する。中高年特有の体臭になるというわけである。
これは男性に限らず女性にもあるが、男性より時期が遅く、また皮膚の清潔に気を遣い化粧をするために発生は少ない。最近ではノネナールや9-ヘキサデセン酸を抑えるボディーソープや化粧水、肌着も発売され、「おやじ臭さ」はある程度消せるようになっている。


                戻る