鬼のパンツ
フニクリ・フニクラのメロディに合わせて「♪鬼のパンツはいいパンツ」と歌われるほど有名な鬼の服装。虎皮というイメージはどうやって作り上げられたのか。これは中国の古い伝説に由来する。
中国の古い地理書「山海経」は地形や伝説などが書かれた空想的なもの。現存する山海経に記述は無いが、「論衡」という作品の中に「山海経に曰く」という形で「度朔山には大きな桃の木があり、その東北の隅にある枝は門の形になっていて鬼が出入りする。これ鬼門と呼ぶ。」というのがある。
これが鬼門というものの由来だが、この方角を十二支にあてはめると丑寅の方角になる。そこから、牛のような角、虎のような牙、虎皮のふんどしというイメージが定着していったと考えられている。


                戻る