冷房と除湿
気温が高くても湿度が下がれば、体感温度も下がり快適になる。エアコンの冷房機能を使うほどでもないという時に、除湿機能を使うことがある。温度を下げずに湿気だけを取ると思われがちだが、これは間違い。
多くの場合、エアコンの除湿運転は「弱冷房」のこと。冷房はフロンが気化する時に周りの熱を奪う現象を利用して、冷たい風を作り出している。同時にパイプに水滴として付着、外に排出されるのが室内の湿気。冷房運転でも除湿は出来るが、除湿運転は温度が下がり過ぎないように弱冷房で運転している。冷房と比べると省エネだが、除湿の効果も弱い。
最近は高価格帯のエアコンを中心に「再熱除湿」という機能がある。これは冷房を強力に効かせて除湿量を増やす一方で、温度が下がった分だけ暖かい空気を室内へ送り返すというもの。室温は変わらず除湿の効果は抜群だが、暖めなおす分だけ電力を消費するため、省エネにはならない。


                戻る