サラダ味
せんべい、おかきなどのお菓子の中には「サラダ味」というものがある。食べてみると単に塩味がするだけで、レタスやキャベツ、ドレッシングの味なんて少しも無い。どこが一体「サラダ」なのかというと…
実はこれは「サラダ油」のこと。1960年代初頭、高度成長期の日本では、食文化が欧米化。和風のイメージのある「塩味」に対して、洋風の味として当時はまだ高かったサラダ油を使用、サラダ味と名付け、ハイカラなイメージを前面に売り出したのである。
一般的には、生地を焼き上げた後にサラダ油を吹き付けて、その上に塩を振りかけて味付け。味が定着しやすく、サラダ油を使わないときに比べて、湿気にも強くなっている。ちなみに「サラダ油」は大豆油や綿実油、コーン油などの混合油で、口当たりが軽く、生食用に(もちろんサラダのドレッシングとして)も使える油である。


                戻る