世界三大美女
世界三大古墳、世界三大秘宝、世界三大珍味…という具合に、誰が決めたのか世界のトップ3というのは数多く存在する。その中でも世界三大美人といえば、クレオパトラ、楊貴妃、小野小町と言われる。最近になってクレオパトラは実は美人ではなかった、という話もあるが、何より謎なのは小野小町。なぜ東洋の小国の、それもさほど知られていない小野小町が?
いろいろな説があるが、元々「クレオパトラ、楊貴妃、ヘレネ」の三大美人があり、いつしか日本人が勝手に小野小町を押し込んだのだと言われる。そう、小野小町を含む世界三大美人は日本だけ。ちなみに、ヘレネとはギリシャ神話の「パリスの審判」で、自分を"最も美しい女神"として選んでもらう代わりにビーナスが審判員(パリス)に約束した報酬「最も美しい妻」である。
美人のランキングは色々な国に存在するが、インドでは「メンカ、シャクントラ、ルップマティ」、ギリシャでは「アフロディーテ(ビーナス)、アテナ、ヘラ」、中国では「楊貴妃、貂蝉、王昭君、西施」という具合。身近な所で固めているところから考えると、日本の世界三大美人は国際性豊かなのだが…。


                戻る