スパイラルテープ
一時期ダイエット法としてブームになったスパイラルテープ。今でもスポーツ医学の方面では1つのテーピング法として定着し、陸上や体操の選手が指先や足に巻いたり貼ったりしているのを見かける。でも貼るだけでなぜ効果があるのだろうか。
人間の体の筋肉の多くはそれぞれが「対」になっている。バランスを保ちながら働いているのだが、このバランスに歪みが生じると痛みや炎症の原因にもなる。幅3〜5ミリの布製テープで皮膚の感覚を介してその筋肉をつなげるように螺旋状に巻いていくとバランスが保たれ痛みや炎症が軽減するというわけ。
同じような考え方でスパイラルテープを格子状にしたクロステープというものもある。痛みの部位に応じて細かく貼り方・巻き方があり、症状の診断にも知識を要し、本当は難しいもの。痛みだけでなく指先に巻いて集中力アップや、ダイエットというものもあるが、効果は人それぞれである。


                戻る