「スチュワーデスの語源」
女性の憧れの職業であるスチュワーデス(stewardess)ですが、この語源は飛行機とはまったく関係のないところにあったのです。古代英語ではstigは「豚小屋」、weardは「番人」を意味し、essは女性を示す接続語。つまり、大切な家畜の管理をする仕事がやがて世話人の意味へ、さらに転じて、飛行機の中で乗客の世話をする人(客室乗務員)のことをスチュワーデスと呼ばれるようになったのです。
最近では、女性偏見、との見地からこの「スチュワーデス」という言葉はもう死語になりつつあり、代わりに今では「フライトアテンダント」と呼ばれるようになりました。より「客室乗務員」に近い意味になったのです。


                戻る