ホワイトチョコ
茶色のチョコレートの流通量に比べると少なくて、若干マイナーなイメージのある「ホワイトチョコ」。茶色のチョコレートの色は、原料のカカオ豆をローストして出来るカカオマス(ココア)の色だから、当然といえば当然。では、ホワイトチョコの原料はカカオ豆ではないのだろうか。味の似た他のもの?
ところが、ホワイトチョコも茶色のチョコと同じようにカカオ豆が原料。実は、原料は同じでも、製造工程、特にカカオ豆の使い方が違うのだ。最初に書いたように、茶色のチョコはローストした時に出てくる「カカオマス」。ホワイトチョコに使うのは、このときカカオマスの他に出来る「カカオバター」のほうだけを使っているのだ。
カカオ豆は、ローストしたあとに外皮を取り除いて生成すると、ココアの粉と脂肪分に分かれる。この脂肪分がカカオバター。粉と脂肪分の両方に砂糖やミルクを加えて作るのが普通のチョコレート、脂肪分のカカオバターだけを使って同じように砂糖やミルクを加えるとホワイトチョコというわけ。ココアの成分が入っていない分、ホワイトちょこの方が甘く感じるのはこのせい。


                戻る