八重歯
欧米では、唇の間からのぞく八重歯はドラキュラの牙を連想させ、醜いと言われ、小さいうちに矯正されることが多い。一方日本では八重歯はチャームポイントの1つで「かわいい」と言われるものの、最近では矯正する人も増えてきている。
歯を支える顎の骨格が小さく、歯が生えるスペースが不足すると、歯が重なり合って生える。この状態を叢生(そうせい)あるいは、乱杭歯(らんぐいば)といい、特に生えるのが遅く、歯列から飛び出すことが多い犬歯を八重歯と呼ぶのが一般的。この犬歯は歯根が長く、噛み合わせのためには非常に重要な歯であるため、そのものを抜くことは少なく、多くはその隣りの歯で矯正するという。
ところで、八重歯は「二重」の歯ではあっても、「八重」ではない。なぜこのように書くのだろうか。実はもともと「弥重歯」と書いていた。「弥」の字には「いよいよ」「大きく」という意味があり、次の字を強調する。だから「弥重歯」はそのまま「重なった歯」ということ。そのうち同じ音の「八」の方が簡単だったために、「八重歯」になったとか。


                戻る