薬石効なく
「薬石効なく──」といえば、いろいろと治療を尽くしてみたが、その効果なく...という事。この「薬石」ですが、「薬」は説明の必要はないとして「石」というのはちょっとピンときませんね。石を使った治療法でも昔はあったのでしょうか。
これは実は、鍼(はり)、鍼灸(しんきゅう)の鍼のことなのです。漢方医学では鍼の歴史は大変古く、紀元前三世紀頃には中国で病気治療に使われていました。最近では、あんま・接骨などと並んで、有名な治療法のひとつになっていますね。(特に年配の方ですが、最近では若者もやるとか。)
話を元に戻して、なぜ鍼が石に結びつくのか、ということですが、今でこそ金属の金鍼や銀針を使うのが普通ですが、最初の頃は石を鋭く尖らせた石鍼が使用されていました。そこで「薬石」といえば薬や鍼、治療法の総称となり、「あらゆる治療法を試みてみたが...」という意味になります。


                戻る