ゾウの耳ウサギの耳
ゾウやウサギの特徴の1つが大きな(長い)耳。遠くの音でもよく聞こえるように…と思われがちだが、それならパラボラ・お椀型の方がよく聞こえそうだし、他の草食動物にも大きな耳が付いていてもいいはず。実は大きな耳、長い耳には「体温調節」という大きな役割もある。
暑い地域に住むゾウはあまり汗をかかない。汗をかいて体温調節をすると、汗をかいたぶんだけ水分補給をしなければならないが、そんなにいつも水を十分に確保できるわけではない。だから、ある程度暑くなるとあの耳をパタパタ動かして耳にたくさん通っている血管の中の血液を冷やす。それが全身を巡り体温が下がるというわけ。
ウサギも汗腺の機能があまり発達していない。ゾウのようにパタパタと動かすわけではないが、特に敵から逃げる時には耳に風が当たって体温を調節しながら逃げることが出来る。ちなみにウサギは耳を持つのが正しい持ち方と信じている人は多いが、毛細血管だらけの耳は非常に敏感なため持ってはいけない。


                戻る